三度の飯より酒が好き! というような人であれば、塩をなめながらでもお酒を飲むのでしょうが、しかし、一般的には、やはりおつまみを何か食べながらお酒を飲むのが普通です。ですから、居酒屋やバーなどでは、必ず食事のメニューが充実しています。

いわゆる「おつまみ」としてすぐイメージされるのは、まず乾きもの、豆類とかおせんべいとかですよね。あとはちょっとつまめるものとしてはやはり、枝豆などが一般的でしょう。

おつまみには相性と言うものがあります。フランス風に言えば「マリアージュ」でしょうか。ワインにはチーズ、日本酒には魚介類、そしてビールには枝豆、揚げ物、と言った具合です。

これからの暑い季節には、まずは枝豆でもって冷たいビールをグイグイと流し込み、そしてソーセージや空揚げなどのちょっと肉っ気のものでさらにビールを飲み、そして〆に冷たい麺でもすする、というのが理想的でしょう。

あとは、人でごった返す焼き鳥、焼きトン屋さんでホッピーを飲みながら串ものを食べる、というのもいいです。