韓流ブームに沸く日本人の人気を一身に集める韓国料理ですが、しかし、韓国は儒教の国、という側面を持っています。つまり、礼儀作法に厳しい、というわけです。そういう側面も同時に覚えておくと、より深みを持ったものとしてその国の文化を知ることができます。

韓国料理において、一般的には食事の際、まずスープ、汁物に口を付ける、ということになっています。そしてこのとき、器を手に持ってはいけない、ということになっています。

さらに、料理は基本的にむかって左側の皿から食べていく、という決まりがあります。そしてこのときにも、やはり皿を手に持ってはいけません。そしてこれは万国共通でしょうが、食べるときにスプーン箸が食器に触れる音には注意しましょう。

食事中に席を立つのもいけません。ただ、体調が悪いとかそういうときにはしょうがないですが。

食べ終わったら、箸を最初に置いてあったところに戻し、そして使った紙ナプキンをしっかりときれいにたたみ、テーブルに置くようにしましょう。